将来が不安?30歳共働き、子供がいる場合におすすめの投資は?投資するならFXGT!

将来が不安?30歳共働き、子供がいる場合におすすめの投資は?投資するならFXGT!

  • 2020年6月25日
  • 2020年6月23日
  • FX, お金
FX 将来が不安?30歳共働き、子供がいる場合におすすめの投資は?投資するならFXGT!

将来が不安なら投資を考えてみて!投資するならFXGT!

30歳、共働きです。最近、子どもが1人生まれました。現在、妻は育休中ですが、復職後は夫婦で税込み年収800万円、手取りで600万円程度です。資産は200万円程度しかありませんが、どのような投資方法がありますか?

まずは毎月の収支を計算して、毎月、いくらを貯蓄や投資に回せるかを明らかにすると良いですね

手取り600万円、単純計算で月額50万円(ボーナスなしと仮定)なら、月15万円、頑張れば20万円は貯蓄や投資に回せるかもしれませんね。

18歳までに大学資金の一部として300万円貯めるとすると、年間17万円弱のペースで達成できます。しかし、中学、高校はお金がかかるので、今のうちに教育費として月3万円、ほかに2万円を貯蓄し、最初は月に10万円程度を投資に回してはどうでしょうか。

教育費は確実に貯められることを優先するのがセオリーですし、投資経験がないことも踏まえると、投資は10万円、預金を5万円とした方が精神的に楽だと思います。

まとまった資産200万円ということですから、あわてて手を付けなくて良いですね。使う場面がいつ来るかわかりませんから、生活防衛資金として安全に運用するのが良いでしょう。

10万円の投資先の候補としては、米国株4000銘柄に投資するインデックス投信「楽天・全米株式インデックス・ファンド」か「eMAXISSlim米国株式」、「SBIバンガードS&P500」がいいでしょう。投資には、「つみたてNISA」をフル活用します。

ご夫婦、それぞれがつみたてNISA上限まで使うと年間80万円です。ご夫婦で投資できるのは年間120万円ですから、残り40万円は、つみたてNISA枠の投資信託を積み立てるか、ほかに興味のある投資信託やETFがあれば、それを積み立てていくのもいいと思います。

一部のネット証券では、海外ETFの積み立て購入も可能です。年齢が若いですから、配当重視のETFより、成長性重視のETFが良さそうです。

 

まとめ

iDeCo、あるいはジュニアNISAを視野に入れても良いですが、iDeCoは60歳まで、ジュニアNISAは子どもが18歳になるまで、資金を引き出すことができません。つまり資産拘束があります。iDeCoについては、受取時の税金にも注意注意が必要です。そして。投資と言えば、レバレッジが気軽にかけれて、元手が少なくてもすぐにはじめられるFXがおすすめ!!!

おすすめの取引サービスは圧倒的FXGT!!!