負けた時やロットを上げた時に、ストレスなくトレードする為の秘訣

負けた時やロットを上げた時に、ストレスなくトレードする為の秘訣

  • 2020年6月10日
  • 2020年6月23日
  • お金

FXで勝つ為に必要な二つの要素について話をさせてください。

一切のストレスをなくしてトレードと向き合う為の方法を、初心者から上級者まで、トレーダーとしての経験や熟練度に関わらず、勝てるようになる為や勝ち続ける為に必要な要素をお話ししていきます。

「デモトレードでは勝てたけど、実際にお金を入れて本番トレードをしたら勝てなかった」「一万通貨など少ないロットでは勝てたけど、ロットを増やしていったら負けた」

このようなことに思い当たる節はないでしょうか?

相場は私たちのロット数などに影響はまず受けないので、本来であればデモトレードでも大きなロット数でも、同じことができていれば同じような成績になるはずです。

「デモでは勝てた」「ロットを上げたら負けた」このようなケースのほとんどは、トレーダーの心理的要因、つまりはストレスやメンタルのぶれから生じています。では、一体なぜトレーダーはストレスを感じてしまったり、メンタル的に不安定になってしまったりするのでしょう。

この記事では、そんなトレードから生じるストレス減らし、メンタルを安定させる為の秘訣を紹介します。

・メンタルが弱いから負けるのか、負けるからメンタルが弱くなるのかで、「トレードで負けるからメンタルが崩れる」のか、「メンタルが弱いからトレードで負ける」のかという質問をしましたが、答えは見つかったでしょうか?

負けトレードが続けば、当然メンタル的に健全でいるのは難しいものです。メンタルが弱ければ、伸ばせる利益を伸ばさずに利確をする、いわゆるチキン利食いをして総利益を減らしてしまいます。

また、エントリーそのものに臆病になってしまうこともあるでしょう。感情的なトレードをしてしまってルール外の負けを期してしまうこともあるかもしれません。

このように考えると、「負けトレード」が先か、「メンタルが先か」という質問には堂々巡りで答えは一生でません

「卵が先か鶏が先か」と同じように、明確な答えはないのではないかと思っています。実は、私自身もこの答えは未だに見つかっておりません。ただ、メンタルを安定させる方法でしたら、確かなものがあります。メンタルが安定した状態で相場と向かい合うことで、チキン利食いや感情トレード、エントリーに臆病になってしまうことも避けられる為、損失が小さくなり利益が大きくなります。